計量証明

水質分析大気・空気測定シックハウス測定騒音・振動測定

河川水・湖沼水・海域水・地下水水質分析について

環境基本法では、河川、湖沼、海域、地下水について人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として環境基準を設定しています。

関係法令

  • 環境基本法
  • 水質汚濁に係る環境基準について
人の健康の保護に関する環境基準
測定対象項目 基準値
カドミウム 0.003 mg/L以下
全シアン 検出されないこと。
0.01 mg/L以下
六価クロム 0.05 mg/L以下
砒素 0.01 mg/L以下
総水銀 0.0005 mg/L以下
アルキル水銀 検出されないこと。
PCB 検出されないこと。
ジクロロメタン 0.02 mg/L以下
四塩化炭素 0.002 mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.004 mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1 mg/L以下
シスー1,2-ジクロロエチレン 0.04 mg/L以下
1,1,1-トリクロロエタン 1 mg/L 以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 mg/L以下
トリクロロエチレン 0.03 mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.01 mg/L以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002 mg/L以下
チウラム 0.006 mg/L以下
シマジン 0.003 mg/L以下
チオベンカルブ 0.02 mg/L以下
ベンゼン 0.01 mg/L以下
セレン 0.01 mg/L以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10 mg/L以下
ふっ素 0.8 mg/L以下
ほう素 1 mg/L以下
1,4-ジオキサン 0.05 mg/L以下

工場排水水質検査について

工場および事業所からの排水は、法律および各都道府県の条例により規制されており、定期的な水質検査をする必要があります。

関係法令

  • 水質汚濁防止法
  • 下水道法
水質汚濁防止法 規制対象項目
健康項目 許容限度 生活環境項目 許容限度
カドミウム及びその化合物 0.1mg/L 水素イオン濃度 5.8~8.6
(海域5.0~9.0)
シアン化合物 1mg/L 生物化学的酸素要求量 160mg/L(日平均120)
有機燐化合物 1mg/L 化学的酸素要求量 160mg/L(日平均120)
鉛及びその化合物 0.1mg/L 浮遊物質量(SS) 200mg/L(日平均150)
六価クロム化合物 0.5mg/L ノルマルヘキサン抽出物質含有量 (鉱油類) 5mg/L
砒素及びその化合物 0.1mg/L (動植物油脂類) 30mg/L
水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物 0.005mg/L フェノール類含有量 5mg/L
アルキル水銀化合物 検出されないこと 銅含有量 3mg/L
ポリ塩化ビフェニル 0.003mg/L 亜鉛含有量 2mg/L
トリクロロエチレン 0.3mg/L 溶解性鉄含有量 10mg/L
テトラクロロエチレン 0.1mg/L 溶解性マンガン含有量 10mg/L
ジクロロメタン 0.2mg/L クロム含有量 2mg/L
四塩化炭素 0.02mg/L 大腸菌群数 3000個/cm3
1,2-ジクロロエタン 0.04mg/L 窒素含有量 120mg/L(日平均60)
1,1-ジクロロエチレン 1mg/L 燐含有量 16mg/L(日平均8)
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/L
1,1,1-トリクロロエタン 3mg/L
1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/L
1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/L
チウラム 0.06mg/L
シマジン 0.03mg/L
チオベンカルブ 0.2mg/L
ベンゼン 0.1mg/L
セレン及びその化合物 0.1mg/L
ほう素及びその化合物  10(海域230)mg/L
ふっ素及びその化合物 8(海域15)mg/L
アンモニウム化合物他 100mg/L
1,4-ジオキサン 0.5mg/L

大気・空気測定について

概要

事業所から大気へ排出される物質は、大気汚染防止法などの法令や、都道府県条例などで規制されています。
一般に排ガス(ばい煙)測定とは、法令で定められた物質について排出濃度、排出量を測定するものをいいます。
大気汚染防止法では、定められた施設、物質についての測定を定期的に行い、記録を保存することとされています。

測定内容

  • ボイラー、冷温水発生機、発電機、金属溶解炉、ガスタービンなどの定期測定
  • 清掃センターの廃棄物焼却炉など法令に基づく排ガス測定
  • 排ガス洗浄除去装置など処理施設の性能検査
  • 大気汚染に係る環境基準に基づく大気濃度測定
  • 有害大気汚染に係る環境基準に基づく大気濃度測定

法令等の情報

大気汚染防止法による主な測定対象施設
施設の種類 施設の規模
 1. ボイラー(熱風ボイラーを含み,熱源として電気又は廃熱のみを使用するものを除く。)※注1
環境省令で定めるところにより算定した伝熱面積(以下単に「伝熱面積」という。)が10平方メートル以上であるか,バーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり50リットル以上であること(以下上記で伝熱面積が10平方メートル未満のものを「小型ボイラー」という)。
 9. 窯業製品の製造の用に供する焼成炉及び溶融炉
火格子面積が1平方メートル以上であるか,バーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり50リットル以上であるか,又は変圧器の定格容量が200キロボルトアンペア以上であること。
11. 乾燥炉(14の項及び23の項に掲げるものを除く。)
13. 廃棄物焼却炉
火格子面積が2平方メートル以上であるか、又は焼却能力が1時間当たり200キログラム以上であること。
24. 鉛の第二次精錬(鉛合金の製造を含む。)又は鉛の管,板若しくは線の製造の用に供する溶解炉
バーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり10リットル以上であるか,又は変圧器の定格容量が40キロボルトアンペア以上であること。
25. 鉛蓄電池の製造の用に供する溶解炉
バーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり4リットル以上であるか、又は変圧器の定格容量が20キロボルトアンペア以上であること。
29. ガスタービン
燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり50リットル以上であること。
30. ディーゼル機関
31. ガス機関
燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり35リットル(気体燃料の場合総発熱量1,406,513kJ(336,000kcal)/h)以上であること。
32. ガソリン機関
大気汚染防止法による主な規制物質
項目 施設の規模 測定回数
いおう酸化物
(硫黄酸化物)
いおう酸化物10m3N/h以上を排出するばい煙発生施設 2ヶ月をこえない作業期間ごとに1回以上
ばいじん
(ガス専焼ボイラー、ガスタービンなど)
排出ガス量にかかわらず 5年に1回以上
ばいじん
(上記施設を除く)
排出ガス量が4万m3N/h未満のばい煙発生施設 年2回以上
ばいじん
(上記施設を除く)
排出ガス量が4万m3N/h以上のばい煙発生施設 2ヶ月を越えない作業期間ごとに1回以上
有害物質
(窒素酸化物を含む)
排出ガス量が4万m3N/h未満のばい煙発生施設 年2回以上
有害物質
(窒素酸化物を含む)
排出ガス量が4万m3N/h以上のばい煙発生施設 2ヶ月を越えない作業期間ごとに1回以上
大気汚染に係る環境基準
物質名 環境基準
二酸化いおう(SO2 1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。
一酸化炭素(CO) 1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること。
浮遊粒子状物質(SPM) 1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。
二酸化窒素(NO2 1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。
光化学オキシダント(Ox) 1時間値0.06ppm以下であること。
有害大気汚染物質(ベンゼン等)に係る環境基準
物質名 環境基準
ベンゼン 1年平均値が0.003mg/m3以下であること。
トリクロロエチレン 1年平均値が0.2mg/m3以下であること。
テトラクロロエチレン 1年平均値が0.2mg/m3以下であること。
ジクロロメタン 1年平均値が0.15mg/m3以下であること。

シックハウス測定(VOC測定)について

私たちの日々暮らす住環境をより良い状態に保つことは非常に大切なことです。
ホルムアルデヒド、揮発性有機化合物(VOC)等が原因と言われる「シックハウス症候群」は事前に対応し予防することで、安心の暮らしを送ることが出来ます。
当社では、住居・学校等のシックハウスにかかわる測定・分析を行います。

測定対象物質

  • ホルムアルデヒド
  • アセトアルデヒド
  • トルエン
  • キシレン
  • エチルベンゼン
  • スチレン
  • パラジクロロベンゼン
  • クロルピリホスなどの農薬類
  • フタル酸などの環境ホルモン類

室内濃度指針値

物質名 室内濃度指針値(25℃換算)
ホルムアルデヒド 100 μg/m3(0.08 ppm)
アセトアルデヒド 48 μg/m3(0.03 ppm)
トルエン 260 μg/m3(0.07 ppm)
キシレン 870 μg/m3(0.20 ppm)
エチルベンゼン 3800 μg/m3(0.88 ppm)
スチレン 220 μg/m3(0.05 ppm)
パラジクロロベンゼン 240 μg/m3(0.04 ppm)
テトラデカン 330 μg/m3(0.04 ppm)
クロルピリホス 1 μg/m3(0.07 ppb)※小児の場合:0.1 μg/m3(0.007 ppb)
フェノブカルブ 33 μg/m3(3.8 ppb)
ダイアジノン 0.29 μg/m3(0.02 ppb)
フタル酸ジ-n-ブチル 220 μg/m3(0.02 ppm)
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 120 μg/m3(7.6 ppb)

騒音・振動測定について

生活環境保全のための環境基準に対応した一般環境騒音・振動測定。
道路交通の騒音・振動測定、および交通量調査。
特定施設を持つ工場等の敷地境界における騒音・振動測定。

関係法令

  • 環境基本法
  • 騒音規制法
  • 振動規制法
  • 低周波音問題対応の手引書