CSR活動

株式会社環境科学研究所 CSR方針

株式会社環境科学研究所(以下環境科学)は、法令遵守にとどまらず、社会的責任に関わる国際的行動規範を尊重し、蓄エネルギー技術等により事業活動の持続的発展に取り組むとともに、人と社会と地球環境に貢献します。

  1. 公正、透明かつ健全な企業活動の推進と腐敗の防止
    環境科学は、お客様、お取引先様、株主、地域社会の皆様の信頼の獲得を第一に考え、かつ各国、各地域の関係法令、ルールを遵守し、透明な事業活動を行います。また、あらゆる形態の腐敗防止に取り組み、違法な政治献金、公務員に対する贈賄は行わず、反社会的勢力である個人および団体とは一切の関係を持ちません。
     
  2. 人権の尊重
    環境科学は、強制労働、児童労働の排除はもとより、すべての人の人権および労働者としての基本的権利を尊重します。また、あらゆる差別を禁止し、多様性を尊重します。
     
  3. 適正な労働環境の維持、向上
    環境科学は、従業員にとって安全で働きやすい職場環境を提供し、適正なマネジメントにより中長期的に人材育成を進めます。
     
  4. 安全、安心な製品、サービスを提供する責任の遂行
    環境科学は、環境分析を通じて安全と品質を確保します。また、分析およびサービスに関する安全情報を誠実に提供します。
     
  5. 地球環境の保全
    環境科学は、汚染の予防、気候変動への対応、持続可能な資源の利用を含む循環型社会の形成に取り組みます。
     
  6. 地域社会との共生
    環境科学は、地域社会と連携し共生することにより、地域の健全かつ持続的な発展に寄与します。
     
  7. サプライチェーンにおける社会的責任活動の推進
    環境科学は、サプライチェーン全体にわたって、社会的責任を果たす企業活動を推進します。

(株)環境科学研究所
代表取締役 髙橋 俊貴
制定日 2021年4月1日